SURLEY BRIDGE CLUB

80,080円(税7,280円)

S
サイズ
購入数

多目的をこなすツーリングバイク【BRIDGE CLUB】は、オンロードとオフロードが混在するようなツーリングをイメージしてデザインされました。スピードや距離を稼ぐことが目的のツーリングには向きませんが、舗装路と未舗装路を組み合わせた高原を走るような視覚的変化に富んだコースを好む方には、魅力的なスペックとなります。
フレームには、ラックマウント、フェンダーマウントのほかに、フレームに2か所、フォークに2か所の3パックマウントが直付けされています。クラシックなラックとパニアのセットアップはもちろん、大きなフレームバッグを装着しても、ボトルやエニシングケージなどをきっちり装着できるため、バイクパッキングスタイルにも適した仕様です。もちろん、その2つのスタイルを組み合わせることも可能です。
ツーリングカテゴリーの兄貴分である【TROLL】【OGRE】と比較すると、【BRIDGE CLUB】は、シンプルな作りと言えます。まず、ブレーキはディスクブレーキ専用。リアのドロップアウトは、バーチカルタイプです。リアエンド幅は、138个棒澤廚気譴討い董標準仕様のハブは141 x 10mmQRですが、135 x 10mmQRのハブにも互換します。目的地の選択肢と用途を広げるために、標準装備のタイヤは27.5 x 2.4”を装備していますが、タイヤクリアランスは、27.5 x 2.8”、または、26 x 3”、700 x 47Cまで対応します。
【BRIDGE CLUB】というネーミングは、SURLY CREWが好むライディングスタイルに由来します。彼らは、仲間と走る気楽なツーリングの際に、川にかかる橋の下をみつけるとそこで立ち止まり、ビール片手にしばしの休憩を世間話をしながら過ごします。そんな自分たちの様子をみて【BRIDGE CLUB】と呼ぶようになりました。肩ひじ張らない気楽なライドは、ときに走るよりも飲んで話す時間が長いことだってあります。しかし、走る時には、けっこうマジでペダルを踏む。そんなネーミングを冠するところに、この自転車のユルさと本気さのバランスが垣間見れます。飲酒して自転車に乗ることが違法の日本とは異なる自転車文化を背景に生まれたバイクなのです。

イメージはありません。

サイズ
S